Entries

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://nicolai.blog22.fc2.com/tb.php/266-e682bf91

    トラックバック

    コメント

    [C35] 質問

    テキスト化お疲れ様です。
    良い感じに仕上がってましたね^^

    以下質問で、

    POINTERに複数のピットが乗っていた場合、
    割り振りの権利は、
    「POINTERにビットを一番最後に乗せた人」
    が、命令を最後に実行できるから
    権利を得られるの?

    同様に、COPY等で複数のプレイヤーが
    POINTERの命令を実行している場合について
    知りたい。


    それと、もう1つは念のため。
    EXCEPTIONの効果「ライフを減少」は、
    ギャザ的な発想で「ダメージ」ではない?
    • 2009-04-20 00:21
    • ナナキ
    • URL
    • 編集

    [C36] No title

    コメントありがとうございます。
    いざテキスト化するとなると疲れますねw
    まあ、改良の余地はまだまだありそうですが。

    質問についてです
    POINTERについては、POINTERカウンターの所有権を各プレイヤーが奪い合う形にしました。
    POINTERの効果の発動は所有者の任意になります。
    ただし「POINTERの次のダメージソース」を使用しなければならないのは固定で。
    (矛盾起きてますかね…?あれば教えていただけると幸いです)
    文面が長くなってしまうのが頂けないですが。
    うーん…もう少し頭のいい文章書けないものか…
    なんか他にも実行順序で色々変わってきそうで怖いですね。

    EXCEPTIONについては完全に誤算でした。
    こっちはダメージのつもりで書いてました。ごめんなさい。
    …が、そっちの方が例外処理っぽくて面白そうですw
    なので「ダメージ」ではなく「減少」と勝手にルール改竄。
    POINTERで割り振れませんしDEFENDでも防げません。
    ++すると途端に最強すぎるカードに…
    • 2009-04-20 01:21
    • ニコライ
    • URL
    • 編集

    [C37] No title

    >POINTER
    了解ー
    最後に発動した人が権利を得ていくわけね。
    POINTERのカードが無くなった時に
    権利がなくなる仕様とか、良調整だと思う。

    EXCEPTIONは安定してる^^
    • 2009-04-21 10:10
    • ナナキ
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    ぷろぐらまーず・ないとめあ!

    Programer's Nightmare
    最近うちのサークルで数人がやっているゲームです。
    カードゲーム+ボードゲーム+αみたいな感じのゲームでかなり面白いです
    例えるならマジックザギャザリングのドラフト戦をボードゲームのようにやってる感じ。
    …が、正規ルールだとかなりイミフなゲームと化すので
    こないだその数人とハウスルール決めてやってました。
    というか明確なルールが特に決まってないってなんなの?w

    とりあえずそのハウスルールと効果一覧をまとめておきます。
    結構面白いゲームになったんじゃないかしらん。
    正直説明するのがかなり難しいゲーム+俺の文章力がないのでアレですが…
    ルール知ってる方は補足お願いします…

    追記:POINTERその他に修正加えました。
    その他、矛盾点や改善点などあればどうぞ~
    プログラマーズ・ナイトメア ルール改訂版 
     (Programmer's Nightmare Revision)


    <基本ルール>
    ・参加人数
    参加人数は4~6人ほどが望ましい。

    ・使用するもの
    プログラマーズナイトメアの命令カード(60枚)
    ビット(おはじきのようなものを使う)
    プログラムカウンター(同上 ただしビットカウンターとは違う色のものを使うこと)
    DEFENDカウンター(同上)
    POINTERカウンター(同上、1個)
    ++カウンター(同上、10個ほどあるとよい)
    --カウンター(同じく10個ほど)
    SKIPマーカー

    6面サイコロ(人数分)
    ライフカウンター(0~20点まで数えられるもの)

    ・準備
    卓を囲んでやるゲームなのでプレイヤーは円形に卓を囲む。
    次に、各プレイヤーに4つずつ「ビット」と呼ばれるカウンターを配る。
    (ただし、各プレイヤーの所持するビットに区別を付ける為、
    ビットの色はプレイヤーごとに違う色のものを使用すること)
    各プレイヤーはライフカウンターを10にセットする。
    次に山札をシャッフルし、上から一枚引いて表にし、カードの上にプログラムカウンターを置く。
    その後、からかさ連判状の如くカードを円形に、
    先ほど引いたカードの横に表で配置していく。
    並べるカードの数は人数分*4+2枚ぐらい。
    この時配置しなかった残りのカードは山札として置いておく。


    ・ビット配置フェイズ
    上述の準備が完了したらビットの配置に移る。
    各プレイヤーはサイコロを振る。一番賽の目の大きいプレイヤーから時計回りに、
    場に配置されている自分の好きなカードにビットを一つ置いていく。
    ただし、既にビットが配置されているカードについては、それ以上ビットを追加することはできない。

    全員がビットを一つずつ配置し終えたら、
    今度は最後にビットを配置したプレイヤーから反時計回りにビットを一つずつ配置する。
    この過程をプレイヤーのビットが場に全て出尽くすまで繰り返す。
    全員が4つずつカードにビットを配置し終えたらゲームスタートとなる。

    ・ゲームの流れ(プログラム実行フェイズ)
    最初にプログラムカウンターの乗っているカードから反時計回りに、
    カードに書かれている命令を逐一実行していき、
    自分のライフを20にするか、他の全員のライフを0にすれば勝利となる。
    ライフが0になったり、場に自分のビットが無くなったりしたプレイヤーは
    その時点でビットごとゲームから除外される。

    カードに書かれている命令は、カードの上にビットを乗せているプレイヤーだけが実行できる。
    逆に言えばビットが乗っていないカードの命令は基本的に実行されない。
    (ただし、OVERSIGHT命令だけは例外である。)
    また、ビットが乗っているからといって必ず命令を実行しなければならないわけではなく、
    命令を実行するか否かはビットを乗せているプレイヤーが決めることができる。
    ただし、命令の効果に「~を実行する」と明記されている場合については
    「~」の部分の命令は必ず実行しなければならない。
    (勿論「~を実行する」という命令自体を実行しなければ話は別で、何も起こらない)

    先ほどのビット配置フェイズの間は、
    既にビットの乗っているカードにビットを追加する事は不可能だったが
    ゲームが進行している間は、仮にビットが
    一枚のカード上に複数乗ることになっても問題は起こらない。
    その場合、先に置かれたビットの順に命令を実行する。
    また、ビットは最初は各プレイヤーごとに4つを配置しているのみだが、
    ゲーム中には命令の効果によって5つ以上に増えていくことを明記しておく。

    プログラムカウンターは現在実行されている命令の上(または横)に置かれる。
    これは現在どの命令を実行しているのかを示す役割を持つ。
    ゲームが始まるとプログラムカウンターは誰かが勝利するまで動き続ける。

    カードをゲーム外へ除外する命令などを使用した場合、
    除外されたカードは表にして山札の隣に積んでおく。
    山札がゲームの途中で無くなった場合、
    除外されたカードを裏にしてシャッフルし、山札とする。
    山札からカードが引けなくなった場合、ゲームを強制終了する。

    いずれかのプレイヤーのライフへのダメージのない
    無限小ループが3回以上発生した場合、ループを強制終了する。
    プログラムカウンターはループの次に実行するカード上に置く。

    千日手(勝利条件または敗北条件が消失)の場合、ゲームを強制終了する。

    生き残っているプレイヤーのライフもしくはビットが
    同時に0になった場合には引き分け(強制終了)とする。

    ・細かいルール
    カード中の「任意」の主体は発動者である。

    SKIPマーカーが配置されたカードについては、乗っているビットの個数に関わらず
    そのカード自体をスキップし、次の命令に飛ぶこととする。
    (スキップした時点でSKIPマーカーは消滅する)

    INCREMENT・DECREMENTの効果はカード中の任意のアラビア数字1つのみに有効である。
    漢数字やローマ数字などには効果を発揮しない。

    DEFENDカウンターは複数所持する事が出来ない。
    DEFENDカウンターを持つプレイヤーがそれを破棄した時点でDEFENDの効果が発生する。

    POINTERカウンターはゲーム中1つしか存在できない。
    POINTERを最後に実行したプレイヤーがPOINTERカウンターの所有権を得る。
    POINTERの効果が発生した時点で、POINTERカウンターを持つプレイヤーはそれを破棄する。
    POINTERのカードがゲーム外に取り除かれた時、
    POINTERカウンターを持つプレイヤーはそれを破棄する。

    EXCEPTIONによるプレイヤーのライフの減少はダメージとして扱わない。
    よってPOINTERでの割り振りは不可。DEFENDでも防ぐのは不可能。
    ただし、無限小ループのルール(先述)には引っかかるので3回でループは終了する。

    カードをゲーム外に除外する効果が発生した場合、
    除外されたカードに乗っている、全てのビット/カウンター/マーカーを取り除く。
    プログラムカウンターは次の命令に移動する。
    ゲーム外にカードを除外する効果が発生するカードは、(このハウスルールでは)
    COPY・ERASE・FUTURE・OVERWRITE・REPLACE・
    SELF DESTRUT・UPGRADE・DAEMON の8つである。
    カード自体の位置を入れ替える命令等にはこの効果は発生しない。

    SEQUENCE MODの効果には自身を含める。
    この場合、プログラムカウンターもSEQUENCE MODと同時に移動する。

    プログラムカウンターを移動せずに、指定された命令を実行するカードについては、
    プログラムカウンターの現在乗っている命令がそれであるかのように振舞う事とする。
    (ex.)FLOATERの効果でOVERWRITEが実行された場合、
       FLOATERはOVERWRITEのように振舞うのでFLOATER自身が消滅する。

    ・効果一覧を書こうと思ったが長すぎた
    このハウスルールで追加するカードについて書くことにする。

    DAEMON *2 山札からカードを一枚引く。
          このカードはこのターン、山札から引いたカードであるかのように振舞う。
          プログラムカウンターがこのカードから離れた時、
          山札から引いたカードをゲームから除外する。

    EXCEPTION *1 このカードにおいて、n=1である。
         任意のn人のプレイヤーのライフをn点減少させ、発動者のライフをn点回復する。
         この命令におけるライフの減少はダメージとして扱わない。

    OVERFLOW *1 各プレイヤーは「自分の配置しているビット数-4」のダメージを受ける。

    QUERY *1 山札の中から任意の1カードを探し、山札から取り出す。
           その後、山札をシャッフルし、取り出したカードを取り出した順に山札の一番上に置く。

    NEW *1 山札からカードを1枚引き、任意の場所に加える。

    INITIALIZE *1 全ての++カウンター・--カウンターを取り除く。

    DEBUG *1 任意の数の発動者のビットを場から取り除いてもよい。
            取り除いたビットの数だけライフを回復する。

    MEMORY LEAK *1 任意の1プレイヤーに2点のダメージを与える。

    BLANK *2 「   」   (空白である。REPLACEとかでこれが来ると絶望する。)

    ・カード改訂
    原本がここにないので多分間違っています。
    補足など宜しくお願いします。

    COPY このカードをゲーム外へ取り除き、山札から引いたカードと入れ替える。
         そのカードからプログラムカウンターを移動させずに、
         そのカードの直前の2命令を実行する。
         実行順はプログラムの進行方向に従う。

    FUTURE このカードをゲーム外へ取り除き、山札から引いたカードと入れ替える。
          そのカードからプログラムカウンターを移動させずに、
          そのカードの直後の2命令を実行する。
          実行順はプログラムの進行方向に従う。

    DEFEND 発動者はライフを1支払う事により、DEFENDカウンターを得る。
          命令の実行中にDEFENDカウンターを破棄することで、
          その命令によって与えられるライフへのダメージ及びビットの損失を無効にしてもよい。
          
    INCREMENT 任意のカードに書かれた任意の数字一つをインクリメントする。

    DECREMENT 任意のカードに書かれた任意の数字一つをデクリメントする。

    GOTO プログラムカウンターを6つ先に飛ばす。

    POINTER 発動者はPOINTERカウンターを得る。
           POINTERカウンターを既に他プレイヤーが所持している場合、
           POINTERカウンターの所有権は発動者に移る。
           このカードの次のダメージの発生源から発生したダメージを、
           POINTERカウンター所有者は各プレイヤーに好きに割り振ってもよい。
           それを行った場合、POINTERカウンターを破棄する。
           このカードがゲームから取り除かれた時、POINTERカウンターを破棄する。

    PROGRAM ERROR
     発動者は、任意のプレイヤーのビットを1つこのカード上に配置する事が出来る。
     この時に置かれたビットの所有者には、プログラムカウンターがこのカードに再度回ってくるまで
     このカードの命令を実行する権利はない。
     プログラムカウンターがこのカードから離れた時、
     各プレイヤーはこのカードに置かれている自分のビットの数だけダメージを受ける。

    SWAP INSTRUCTIONS このカードの直前または直後の二枚のカードを任意の順番に置換できる。

    SEQUENCE MOD 命令カードを任意の位置に移動させる。
           このカードも移動でき、その場合はプログラムカウンターを伴って移動する。

    TIME DELAY 発動者は任意のカードにSKIPマーカーを置く。
             SKIPマーカーの置かれた命令はプログラムカウンターを飛ばされる。
             その命令が飛ばされた後、SKIPマーカーを破棄する。

    他になんかありましたっけ?
    BIT MOVER・OVERWRITE・REPLACE・UPGRADE・WORMあたりには
    強すぎるのでアラビア数字は入れないようにした覚えがあるのですが…

    ・ハウスルールで使わないカード
    SUBROUTINE DAEMONとかFUTUREとかCOPYの完全上位、
             かつ訳の分からない効果のため除外。
             しかも2枚も入ってるというインフレっぷり。

    残りの基本カード49枚+ハウスルールで使用する11枚の計60枚を使用する。
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://nicolai.blog22.fc2.com/tb.php/266-e682bf91

    トラックバック

    コメント

    [C35] 質問

    テキスト化お疲れ様です。
    良い感じに仕上がってましたね^^

    以下質問で、

    POINTERに複数のピットが乗っていた場合、
    割り振りの権利は、
    「POINTERにビットを一番最後に乗せた人」
    が、命令を最後に実行できるから
    権利を得られるの?

    同様に、COPY等で複数のプレイヤーが
    POINTERの命令を実行している場合について
    知りたい。


    それと、もう1つは念のため。
    EXCEPTIONの効果「ライフを減少」は、
    ギャザ的な発想で「ダメージ」ではない?
    • 2009-04-20 00:21
    • ナナキ
    • URL
    • 編集

    [C36] No title

    コメントありがとうございます。
    いざテキスト化するとなると疲れますねw
    まあ、改良の余地はまだまだありそうですが。

    質問についてです
    POINTERについては、POINTERカウンターの所有権を各プレイヤーが奪い合う形にしました。
    POINTERの効果の発動は所有者の任意になります。
    ただし「POINTERの次のダメージソース」を使用しなければならないのは固定で。
    (矛盾起きてますかね…?あれば教えていただけると幸いです)
    文面が長くなってしまうのが頂けないですが。
    うーん…もう少し頭のいい文章書けないものか…
    なんか他にも実行順序で色々変わってきそうで怖いですね。

    EXCEPTIONについては完全に誤算でした。
    こっちはダメージのつもりで書いてました。ごめんなさい。
    …が、そっちの方が例外処理っぽくて面白そうですw
    なので「ダメージ」ではなく「減少」と勝手にルール改竄。
    POINTERで割り振れませんしDEFENDでも防げません。
    ++すると途端に最強すぎるカードに…
    • 2009-04-20 01:21
    • ニコライ
    • URL
    • 編集

    [C37] No title

    >POINTER
    了解ー
    最後に発動した人が権利を得ていくわけね。
    POINTERのカードが無くなった時に
    権利がなくなる仕様とか、良調整だと思う。

    EXCEPTIONは安定してる^^
    • 2009-04-21 10:10
    • ナナキ
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    プロフィール

    ニコライ

    Author:ニコライ
    >>18いわくヘタレシューター。
    あとドット絵とかmidiやってたりするけどおまけ程度。
    最近急に忙しくなっちゃったらしい。
    ゲームを作ってるニート。

    今日のスコア(on twitter)

    ダラ外宇宙水槽

    ブログ内検索

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。