Entries

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://nicolai.blog22.fc2.com/tb.php/373-b9ad0801

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Twitterで書いたことまとめその2-DTM編-

    この1ヶ月間でTwitterで書いたことまとめ。
    今回は主にDTMについて。
    といっても私はDTMはあまりやらない人間なので、
    「お前それ適当なこと言ってんじゃねーぞコラ」と思われることがあっても流してください…。

    ・DTM界隈の初心者置いてきぼり感について
    最近『DTMマガジン』を良く購読している。
    非常に参考になる記事や付録も多いので重宝するのだが、
    反面『初心者向けを謳っているがその実全く初心者向けでない』記事が目についた。
    初心者=私ぐらいのレベルの人間、とする。

    例を挙げると、『初音ミクから入るDTM』のような記事で、いきなりDAWにSONARを使っている。
    (SONARはかなり高機能、かつ高額なDTM用ソフトウェア。
    多機能過ぎて初心者には使いづらい。価格は8万円ぐらい)

    また『初心者向けアレンジ講座』のような記事は、どう考えても
    『コード進行の知識及びある程度の打ち込みテクのある人間』を対象にしているようにしか思えない。
    DTM関係の専門用語が文中に頻出する。お前それもう初心者じゃないから。
    (これぐらいの知識・テクニックもない奴は『甘ちゃんの初心者以下』だと言いたいのかもしれないが、
    それにしても注意書きぐらい書くべきだろう?)

    そんな私がDTMを語るのもおこがましいとは思うが、これは正直敬遠せざるを得ない。
    初心者向けというなら専門用語は使わないように配慮するべきだし、
    音源・DAWもなるべく初心者向けのものを使うべきだ。
    …まぁ、上で散々悪く書いたが、そういう記事よりも役立つ記事の方が勿論多い。
    (トランス講座は素材的な意味でもすごく役に立った。
    また、付録のSynth1音色パッチはクオリティが高い。もっとも、私自身は全く生かせていないが。)
    だから毎月買っているんだがね。
    まぁDTMは平気で5~6万飛んだりするのが普通な世界なので、DTMマガジンの記事は正しいのかもしれないけど。
    結論。IL社は偉大である。

    どうでも良いが、先日初めて楽器屋に行ってみた。
    ギターしか置いていなかった。絶望した。
    ハードシンセ系統を扱っている店ならDTM関連のモノも置いているらしいが…。

    ・DAWについて
    上に関連して、最近色々なDAWに触る機会があった。
    どうも上手く使いこなせないのだが。
    SONAR、ACID、FL、reaperと使う機会があったが、
    midi打ち込みの点ではどう考えてもDominoが圧勝な気が。
    Dominoに慣れると他のDAWのシーケンサが凄く使いづらい。
    それも『慣れ』かもしれないが。
    手軽さではACID+FLだろうか。FLでループ作ってACIDで曲作る流れが楽しい。
    めんどくさくなったらACIDだけでもいけるので気軽だ。
    FLでも曲は作れるがFruity Editionなので手軽にはできないっぽい。
    なお、ACIDは単体ならば無料配布のXPRESSで十分な気がする。
    SONAR、reaperは正直どうも性に合わない。
    Reaperはシーケンサを外部からアサインできるようだ。Reaperの方が使いやすいんじゃあないかと思えてしまう…。
    そういう意味でも、SONARは『上級者向け』な気がする。
    未だにSONARのセンドエフェクトはどうやって使うのか良く分からない。
    他のDAWに搭載されているんだから当然あるんだろうが、
    ヘルプを『エフェクト』などで検索しても該当する情報は載ってない…気がする。

    そういえばネット上でAudacity(音声加工ソフトウェア)をDAWにしているというとんでもない人を見た。
    確かにVST指せるし、トラック数は実質無限なのでDAWとして使えないこともない…が…
    いや、どう考えても無謀だろ…midi扱えないし…
    (逆に考えれば、midi+VSTiが扱えるようになれば割と最強のソフトウェアになるのではないかと思う。
    もっとも公式で「MIDI対応はやる気ない」とか言ってるわけだが)
    結局、domino+VSThostが扱い易いんじゃないかと思う。
    アレだな…SONARとDominoが合体すれば使いやすさと実用性が合わさり最強に見える。
    あと、耳コピーのツールとしては、『WAVETONE』が非常に便利だった。


    ・VSTについて
    最近民族楽器がちょっといい感じだ。
    といっても民族音楽自体は聴かない。『音色』が良いのだ。
    (民族音楽も好きだが)
    ケーナとかサンポーニャとかが良い。
    素朴さの中に力強さを感じる。例えるなら山や深海のような。
    『パンゲア』の2面の曲はフォルクローレにすることにした。

    そういえばネット上で篳篥と打物のサウンドフォントを公開している人がいて、凄いと思った。
    いずれはサウンドフォントやVSTも作ってみたい。
    話は変わるが、バーチャルサラウンド技術をソフトウェア上で再現というのはできないのだろうか?
    できればVST規格で。

    VSTを扱い始めたのはかなり最近なので、全然パラメータが理解できない。
    特にアンプ。
    PRESENCEとTHRESHOLDのパラメータがよくわからない。閾値だったか…

    最近気に入ったVSTiを紹介。
    『de la mancha』。
    『コモドール64』の音源をVST化したもの、らしい…。
    テスト程度に鳴らしてみたが、内蔵音源の独特の音色が非常に『たまらない』。
    実際に扱うのはかなり難しそうだ。
    チップチューン用の音源は数あるが、聞いた中ではSCC(コナミ開発、MSX用音源)が一番良い音を出している気がする。
    勿論打ち込みの技量でクオリティは変わるが…。

    『Spicy Guiter』。
    物理モデリングのアコギ音源だが、フリーでかなり良い音が出る。
    まだ鳴らしてみただけだが、割と使えそうな雰囲気はある。

    『Proteus VX』がいつの間にかフリーになっていた。
    早速導入。
    音源の種類が沢山ありすぎてどれを使えばいいのか全く分からない。


    ・曲作り
    カッコいいリフが作れる人は凄い…やはり、センスの差というか。
    聴きこんだ曲の数、場数の差が違いすぎる。

    そういえばパンゲアのステージセレクトの曲を作ったのだが、
    完成してみると全く意味不明の曲になっていた。
    ttp://nicolais.web.fc2.com/music/stageselect.ogg
    …作りなおそう。
    リフを作った段階までは『ステージセレクト的に』カッコいい曲だったのだが、
    いつの間にか方向性の全く異なる曲になっていた。
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://nicolai.blog22.fc2.com/tb.php/373-b9ad0801

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    プロフィール

    ニコライ

    Author:ニコライ
    >>18いわくヘタレシューター。
    あとドット絵とかmidiやってたりするけどおまけ程度。
    最近急に忙しくなっちゃったらしい。
    ゲームを作ってるニート。

    今日のスコア(on twitter)

    ダラ外宇宙水槽

    ブログ内検索

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。